2017/06/24 11:00

京都は和風イタリアン! 季節の移ろいを表現する、絶賛の3軒

「あまから手帖」といえば関西のグルメ雑誌の老舗で、舌の肥えた読者で知られます。その編集長が教える京都の楽しみ方。しかも今回は和食だけじゃない、京都にあるほんとうに美味しい店をご紹介しましょう。第2回は京都だから成立するイタリア料理のうまい店。

◆ ◆ ◆

京都発信イタリアンって何だ?

「あまから手帖」編集部に転職した1997年の秋、私は一冊のMOOKを編んだ。タイトルは「関西イタリアンBOOK」。

 当時、関西は空前のイタリアンブームだった。バブル期にイタ飯がブレイクした東京に比べると随分タイムラグがあるな…と思っていたが、80年代後半にはイタリアで修業した帰国組がリストランテを続々オープンさせていたのだから、すぐには流行りに飛びつかない京阪神共通の県民性が関係しているのかもしれない。

 この頃、京都のイタリアンといえば、笹島保弘さんがシェフを務めた『イル・パッパラルド』全盛期。豪快でエネルギッシュな皿はリーズナブルで、太陽のように明るいシェフのキャラクターも手伝って、とにかく勢いがあった。その2年後、「関西料理人 仏・伊の30人」という特集で、私はシェフにインタビューをしている。─これからはもっと破天荒に行くよ─。その予告通り、2002年、笹島シェフは独立。さらなる快進撃が始まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >