2017/06/22 11:00

ラマダンは断食と過食のシーソーゲーム――平松洋子の「この味」

©下田昌克
©下田昌克

 イスラム教徒の断食月、ラマダンの時期に居合わせたことがある。旅先はモロッコ。

 パリからモロッコに向かう飛行機のなかで、ラマダンの時間はもう始まっていた。機内食が配られ始めると、通路をはさんで隣に座っている髭面の男性がやおらバッグから黒革の書物を取り出して熱心に読み始めるので、それとなく見るとコーランである。機内食を断って読み続けるのだが、ちらりと目が合ったときの誇らしげな表情が語っていた。

(私は食べたりしない)

 自負心を感じ、そうか、と気づいた。彼はイスラム教徒でラマダン中なのだ。コーラン第二章百八十五節、一ヶ月の断食期間中は日の出から日没まで一切の飲食を絶ち、一滴の水も飲んではならない。戒律にのっとって、機内食を拒んだのである。

 断食期間中の善行は、より多くの報いが得られるとされる。ラマダンはイスラム暦の九番目の月にあたるのだが、太陽暦との差によって約十一日ずつ早まるため、今年は五月二十七日から六月二十五日に定められた。そのさなか、各地で勃発しているテロ事件は「ラマダンの多大な褒賞と殉教を得よ」と呼びかける「イスラム国」が扇動、イスラム教の教えを悪用するものだ。これまでラマダンの時期を迎えるたび、モロッコで出会った断食中の人々のことを思ってきたけれど、連発するテロの報に接するたび、いたたまれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >