2017/06/27 07:00

Soup Stock Tokyoに学ぶ「小さいことはいいことだ」の哲学

©榎本麻美/文藝春秋
©榎本麻美/文藝春秋

「駅の小さなスペースに店を出したおかげで今のスープストックがある」と語る株式会社スマイルズの遠山正道社長。この成功から生まれた「小さいことはいいことだ」という哲学は、エキナカから飛び出して新しい業態にも積極的に応用されている。今あらためて思う「駅」という商業空間の新しい使い方とは?

◆ ◆ ◆

駅から家庭へ 「冷凍スープ」の試み

――スープストックとしては、最近では冷凍スープも注目されています。「駅」を足がかりに今では駅から飛び出して幅広い展開をされている印象です。

遠山 百貨店の地下で冷凍スープだけを売っている店を出しているんですけど、冷凍食品だけの店って百貨店では初めてじゃないですかね。通販もやっていてこちらも伸びています。

――場所を選ばずに利用できるので、冷凍スープはありがたいですよね。

遠山 先日、サシイレストの人にあったんです。差し入れ専門家の人に。そうしたら、差し入れのベスト5にスープストックの冷凍スープが入っているというんです。その方は宝塚ファンだそうで、公演が終わると楽屋に挨拶に行くと。その時にスターの方に差し入れの冷凍スープを渡す。冷凍スープなら4~5時間は持つから、家に持って帰って疲れたなあって時に「これ飲んで寝ようか」と重宝されるそうなんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >