2017/06/27 17:00

ソマリアの日常食“ラクダの乳ぶっかけ飯”は意外とウマイ――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 前回、ラクダ肉は固くて食べにくいので中東・アフリカでも一般的ではないが、その割には値段が高いと書いた。

 最大の理由は、ラクダはそもそも食肉用の家畜でないから。遊牧民にとってラクダは家財道具を運ぶ重要な輸送手段である。

 なにより、ラクダからは乳がとれる。とりわけソマリ人はこのラクダ乳を好む。

 ソマリ語には「アブ(飲む)」という動詞とは別に「ダミ(ラクダ乳を飲む)」という動詞があるくらいだ。また、「ラクダ乳と平和」という成句もある。ラクダ乳は「富」や「豊かさ」の象徴でもある。

 実際、ソマリ人のいるところには必ずラクダ乳がある。ソマリランドの首都ハルゲイサでは大統領官邸のすぐ近くに遊牧民がテントを立ててラクダ乳を売っているし、ケニアにあるソマリ人の難民キャンプでも、治安が極端に悪いソマリアの首都モガディショの町中でも同じように売っている。

 味は牛乳に比べると若干薄く、ほんの少し青臭い感じがするが、ヤギの乳ほどではない。そしてたいてい少し酸っぱい。最初飲んだときは「傷んでるのか?」と心配になったが、ソマリの友人たちに「ラクダ乳は常温で三日ぐらいはもつ。だんだん酸っぱくなるけど、それが美味いんだ」と笑われた。実際、ラクダ乳は抗菌作用が他の乳より強いらしい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >