2017/07/11 17:00

ダメ人間たちの「迎えカート」――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 食べれば多幸感と鮮やかな覚醒をもたらす中東・アフリカの植物「カート」。しかしこの嗜好品には恐るべき副作用がある。

 地元の人たちと一緒にカートを食べると、三時間ぐらいは談論風発し、ひじょうに楽しいが、その後だんだんとテンションは下がっていく。

 この辺からカートの効き方は人によって大きく分かれてくる。

 まず、食欲。私の親しい友人はカート宴会のあと腹が減る性質で、「よくないとわかっていてもパスタを山ほど食べてしまう。これが太る原因なんだよな」と酒を飲んだあとにラーメンを食わずにいられない人みたいな愚痴をこぼす。

 私はあまり空腹を感じない。なにしろ、コーラやお茶、水などを飲みながら、サラダ何杯分もの葉っぱを食べているから腹が膨れているのだ。食欲は錯覚だろう。

 もう一つは性欲。人によっては「すごくセックスがしたくなる」という。ソマリ人世界ではカートを食べるのは男にほぼ限られる。女性でカートを食べるなら、ちょっとその人は“堅気”でない感じがする。娼婦とかバツイチの遊び人とか芸能人(歌手やコメディアンなど)とか。なので、女性の感想はめったに聞けないが、どうやらやっぱり人によっては性欲が湧いてくるらしい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >