2017/08/03 11:00

日本一の鰻好き・斎藤茂吉の鰻人生――平松洋子の「この味」

©下田昌克
©下田昌克

 歌人斎藤茂吉は、無類の鰻好きだった。いや、好きという言葉からハミ出してしまう、空前絶後の鰻アディクトぶり。僕だってあたしだって大好物なんですよ鰻、と手を挙げるひとはたくさんおられようが、茂吉ほど鰻を食べに食べたひとをほかに知らない。

 その破格の行状を明るみに出すのが、『文献 茂吉と鰻』(林谷廣著 昭和五十六年 短歌新聞社刊行)だ。著者は、斎藤茂吉記念館の運営に尽力してきた人物で、斎藤茂吉研究会会長、アララギ会員。いったい茂吉が生涯にどれほど鰻を食べたか、日記や資料を駆使しながら、重箱のすみまでつつきにつついて調べ上げた一大労作である。茂吉の鰻好きはつとに有名ではあったけれど、ここまで微に入り細をうがった調べ物はなく、しかし、「文献」と一歩下がるところが奥ゆかしい。鰻が気になる者として、やっぱりこの本は読んでおかなくちゃ、と古書店で探して入手した一冊なのだった。

 大正十四年、茂吉四十四歳、鰻にまつわる日記抄から始まるのだが、本書は、茂吉を「うなぎ時代」「うなぎ・鰻時代」「鰻時代」「鰻・うなぎ・ウナギ時代」「ウナギ時代」と、短歌や日記の表記によって分けているところが、またシブい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >