2017/08/01 17:00

幻の大ナマズをタイ・メコン川沿いのレストランで発見!――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 前回、タイの爆発ナマズ料理を紹介したが、実はもっと強烈なナマズ料理がある。というより、おそらくこれを超えるナマズ料理はないだろう。

 なにしろ材料がちがう。メコン川の大ナマズなのだ。現地名はプラーブック、学名の響きもすごくて、パンガシアノドンギガス。世界で最も大きい淡水魚はアマゾンのピライーバというナマズらしいが、こちらは体重ではピライーバに勝るという。つまり、世界で最も重い淡水魚だ。

 タイのメコン川沿いにある東北部のナコンパノムという町で食べられると聞いて、今から二十年ぐらい前だろうか、わざわざ寝台列車に乗って行った。ところが現地に着いてみると、市場に大ナマズは見当たらず、食堂やレストランでも「今はない」と言われた。

 あるレストラン・バーで、レックさんという、六十歳ぐらいのオーナーが事情を詳しく説明してくれた。それによれば、もともと大ナマズの生息地はもっと上流部、タイの北部にあるという。そちらはこの辺よりも川がずっと深く(水深百メートルに達する場所もあるとか)、底が岩場になっていて水温が低い。それが大ナマズの好みなのだという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >