2017/08/10 17:00

あんずがたまらん。魅惑のジャム作り――平松洋子の「この味」

©下田昌克
©下田昌克

 プラム、プルーン、すぐり、ブルーベリー……あれこれ買い集めては夢中でジャムを作っている。果物をとろっと柔らかく煮る。ジャムというより、コンフィチュールと呼ばれているものに近い。もっとも、フランスではコンフィチュールは糖度六十度以上と決まっているようで、まあそれに近いのかな~、というくらいのアバウトな作り方だ。

 穴に落ちた瞬間があった。友だちのRちゃんとお茶を飲んでいたら、「あんずジャムがたまらん」と言う。訊くと、いまあんずが出回っていて、毎年作るのが習慣だと言う。

 ぬかった。私もあんずジャムが食べたい、作りたい。でも、あんずはそろそろ終了時期では? 急いで八百屋に走ってあんず2パックをゲット、グラニュー糖も買い、すぐさま台所に立った。

 たまらんおいしさだった。あんず=アプリコットの酸味とうまみ、まぶしい太陽のようなオレンジがかった黄色。バタートーストにのせ、ヨーグルトにたらし、アイスクリームにかける。「あんずの幸せ」という歌があったら歌いたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >