2017/08/19 11:00

予約の取れない店「肉山」の戦略#1 “赤身肉”で勝負した理由

 予約の取れない店として全国に名を轟かせるのが、吉祥寺にある赤身肉専門店「肉山」。オープン直後から赤身肉ブームを巻き起こし、いまでは全国で11店舗も展開するほどに。いったい肉山快進撃の秘密はなんだろうか。

◆ ◆ ◆

赤身肉で満腹になってもコース5000円!

 吉祥寺から歩くこと10分近く。目的の飲食店のすぐ近くにいるはずなのに見つからない。看板はないかと見上げると、古い雑居ビルの2階の窓に、急がしそうに動きまわる人影を発見する。そのふもとで確かめれば、プラスチックの板にマジックインキで「肉山」の文字がある。かすれた文字からして、かなり怪しい雰囲気だ。

 本当にここなのか。首をかしげながら階段をのぼる。どこにも店の名前を書いたものが見当たらない。踊り場近くの重いドアを思い切って空ける。肉を焼く匂いが充満している。

 左側にキッチンがあり、そのまわりにカウンター9席、右側には6人がけのテーブルが2つ置かれている。イスの間隔から判断すれば、かなり窮屈そうに思える。しかし、先客は上機嫌で、ビールを飲みながらすでにテーブルに並んだキムチを笑顔で頬張っている。間違いない。ここがグルメの間で、聖地の一つとして知られる赤身肉専門店「肉山」なのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >