2017/08/29 11:00

成功する「地方豪族企業」――高知「くいしんぼ如月」、博多「牧のうどん」、三重「ぎゅーとら」を訪ねて

©北尾トロ
©北尾トロ

30年以上の歴史があり、東京進出を目指さず、地元に愛されている会社を地方在住ライターが訪ねる「地方豪族企業」ルポ。後編は、長野に移住したライターの北尾トロ氏が高知、福岡、三重に根を張る豪族領主を取材。人口減・ニッポンを生き抜く知恵がここにある。(前編より続く)

文・写真:北尾トロ/出典:週刊文春2017年8月3日号

◆ ◆ ◆

 繁華街の一角にその店、『くいしんぼ如月』はあった。午後7時、行列ができるほどじゃないが切れ目なく客が訪れては出来たての弁当を買っていく。家族で食べるのか、まとめてオーダーする客がいても、厨房とレジを3人で回すスタッフは慣れた手つきでカツを揚げ、飯を盛り付け、瞬く間に弁当箱に詰めてしまう。見事なチームワークだ。

 店舗はコンビニと弁当屋の合体型。1977年創業の(株)きさらぎによって、高知県内で20店舗が運営されている。年商は約17億円(2015年3月実績)。強豪ひしめくコンビニ・弁当業界で、地域密着のローカルチェーンがこの数字を叩き出しているのは大健闘の部類に入るだろうが、雰囲気はいたってのんびり。マニュアルを使うどころか高知弁全開でお客さんとやり取りしている。和むなぁ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >