2017/09/05 11:00

虎ノ門「峠そば」 若店主が「ネコ舌」だったから生まれたメニュー

(c)坂崎仁紀
(c)坂崎仁紀

 都内の立ち食いそば屋で「峠」と名前の付く店は三軒ある。

 浅草の西参道商店街にある「峠そば ささごや」は元呉服屋で、今の女将さんが実家に戻ってきたら、立ち食いそば屋になっていたというユニークなお店。外国人観光客も多い。

 三ノ輪の明治通り交差点にある「峠の蕎麦」は、寡黙な大将が生麺使用のうまいそばを提供している店だ。至近の茹で麺がうまい「長寿庵」とは対照的な存在。

 そして、今回ご紹介するのが虎ノ門にある「峠そば」である。

再開発の話をしながら、そばをすする

「峠そば」は以前、神保町のすずらん通り、キッチン南海の三軒隣、今の小諸そばの隣あたりで「スタンドそば」という名前で営業していた。バブル前のすずらん通りには狭い金寿司もあったし、今よりずっと混沌としていた。立ち退きにより、平成5年に今の虎ノ門に移転して「峠そば」として再スタートした。「スタンドそば」についてはいつか書いてみたいが、1975年当時、虎ノ門の鈴傳の隣にあったし、日本橋にも店があった。その流れなのかは定かではない。現存するのは「岩本町スタンドそば」だけである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >