2017/08/31 17:00

流しそうめん、そうめん流し、カレー掛け。そうめんの楽しみ方いろいろ――平松洋子の「この味」

©iStock.com
©iStock.com

 流しそうめんを食べたことがない。

「食べたことある? 流しそうめん」

 訊いてみると、たいていみんな首を振って「ない」と言います。

 知らないひとはいないくらい有名な流しそうめん。でも、まわりでは誰も食べたことがない世の中の不思議。青竹のなかを流水に乗って白いそうめんがするする走り、箸ですくい上げて冷たいめんつゆに浸し、ちゅるっと啜る――この時期になると決まって思い出す夏の風物詩なのだが……。

 よく寄る喫茶店のマスターにも訊いてみた。

「流しそうめん、食べたことある?」

「いや、ないっす」

「どんなときに食べるんだろう」

「うーん、祭りとかじゃないっすか」

 はっとした。

 そうか、祭りか!

 突然蘇ってきた記憶があった。

 もう二十五年くらい前、学童保育の夏休みの行事で奥多摩の河原に集まったとき、父親たちが流しそうめんを企画して大失敗に終わったという話だ。

 誰が仕入れてきたのか、半割りの青竹を何本か車で運搬し、河原で組み立て、汲んできた川の水でそうめんを流した。ところが、設計ミスなのか、そもそも無謀な挑戦だったのか、足場が早々に崩壊してお父さんの面目丸つぶれの巻。聞いた話だったから失敗の原因はわからないけれど、でも、カナシイ光景がまざまざと目に浮かんだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >