2017/09/07 11:00

火事からわずか3日で営業再開、築地場外市場のたくましさ――平松洋子の「この味」

©文藝春秋
©文藝春秋

「築地場外で火事のようです」

 八月三日午後六時過ぎ。机に向かっていると、「本の雑誌」編集部、浜本茂さんからメールが来た。

 えっまさか。動転してテレビのニュースで確認すると、画面の映像に大きな衝撃を受けた。築地場外市場、もんぜき通り(新大橋通り)のまっただなかで火の手が上がっている。消防車が何台も出て消火活動中だが、炎も煙もひどい。近所の方々の顔がつぎつぎ浮かび、動悸がする。

 つい二日前、浜本さんと私はすぐ数軒先の「深大寺そば まるよ」を訪ねたばかりだった。「本の雑誌」に連載中の「そばですよ」、築地場外界隈について書いているところなのだが、じつは、この八月三十一日をもって「まるよ」は約半世紀の歴史に終止符を打つ。家族で話し合って決めた廃業。その前に、店主・織田善郎さんの妻、博子さんにも話を伺いたくて、浜本さんと築地を訪ねた。

 築地育ちの八十二歳。娘時代は、ここで明治生まれのおばあさんと甘味処「松竹」を営んでいた。昭和三十二年結婚、そののちそば屋に替え、場外の名物店として愛されてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >