2017/09/19 17:00

照り焼き風の「ワニバーガー」は口の中でほろほろと……――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 広島県三次(みよし)市で伝統の「ワニ(現地で鮫のこと)料理」を食べた話の続き。刺身は一見、新鮮なミンククジラによく似ていたが、生姜醤油で食べてみると、なんと味もそっくり。

 臭くないどころか、魚に一般的な青臭さや繊維質もない。マグロやカツオから臭みを消し去り、もっと食べやすくした感じ。さっくりした歯ごたえ、鶏のささみのような味わいで、ちゅるんと喉を通る。いくらでも食べられてしまうのもミンククジラと同じだ。

 同行していた私の友人は実は赤身の魚が苦手だったが、「ワニはすっごく食べやすい」とのこと。店主の藤田さんが説明するに「魚の匂いは脂の匂いなんです。鮫は脂がないから魚の匂いがしないんですよ」。

 翌日、ここで買い求めたワニ肉を東京へ持って帰り、友人たちとワニ料理パーティを開いたのだが、メンバーの中に「魚が一切食べられない」という青年がいた。福岡県の魚屋の息子なのに、子供のとき突然、魚を受けつけなくなったとか。一種のアレルギーなのかもしれない。なのに、ワニの刺身はパクパク食べていた。「全然平気ですね。すごくおいしい」とのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >