2017/09/26 11:00

茅場町「がんぎ」 立ち食いへぎそばと地酒で勝手に新潟祭り

(c)坂崎仁紀
(c)坂崎仁紀

 都内でも「布のり」を練り込んだそばを楽しみながら、新潟の地酒がいただける立ち食いそば屋がある。新川や三田に店がある「がんぎ」である。

「がんぎ」のそばは、そば粉十割に「布のり」をつなぎに使っている。本格的十日町へぎそばなのだが、大変ユニークで麺線が丸いのだ。押し出し式製麺機で製麺しているのが特徴で、以前は四角い普通の麺であったが、今は丸麺になった。

提供スピードが追い付かず「丸麺」に変更

 へぎそばといえばだれもが四角い木のへぎに入った、四角い麺を想像するはずだ。なので「がんぎ」のそばをへぎそばと呼んでいいかは意見が分かれるところ。しかし、食べればちゃんとしたへぎそばなのである。

「がんぎ」を経営する「い和多」の社長、岩田将東さんに伺ったところ、最初は四角い麺で、手振りでざるに盛っていたそうだが、人気となるにしたがって、製麺や提供のスピードが追い付かず、悩んだ末に丸麺に変更したという。味はまったく変わらない。むしろ向上したという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >