2017/10/05 11:00

むだのない動きに快哉を叫んだ。焼き鳥屋の「横串の女」――平松洋子の「この味」

©下田昌克
©下田昌克

 おっ! 思わず目が釘づけになったのは、それが銀座だったからかもしれないが。

 路地裏の焼き鳥屋、早い時間の夕刻のカウンター。馴染み客らしいご婦人がひとりで焼き鳥を食べている。年のころ六十過ぎ、和服こそ着ていないが、近所で店をもっている女主人かなとも思う(横顔が高峰秀子に似ているので、勝手に秀子ママと呼ぶことにする)。

 秀子ママ、周囲の喧噪を気にするふうもなく、ちょんと角っこに座って、ビールの小瓶を手酌。コップの下方を軽く持ってスッと傾け、喉の奥にクイッと放りこむ仕草にキレがある。タダモノではない。

 目を引いたのは、焼き鳥を食べるようすだった。

 わさび焼き、来ました。

 串をつまみ上げました。

 横一文字に串をぴたりと構え、一番めのひと切れに歯を食いこませて確保。

 頭は動かさず串だけ横方向へ、すーっと引く。

 歯の奥にひと切れ消える。

 残りの肉をつけたまま、何事もなかったかのように静かに皿の上に着地する食べかけの串。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >