2017/10/15 11:00

渋谷のど真ん中にたたずむ“2坪のサンドイッチ屋” 店主のつぶやき

©池田浩明
©池田浩明

 渋谷駅南口を出て歩道橋で246を越えたところ。渋谷区桜丘町にわずか2坪のサンドイッチ店がある。開店は6時。タバコ屋みたいに路上からやりとりして買うスタイル。サンドイッチを並べた冷蔵ショーケース越しに、男がたったひとり背中を向けて立っている。テイクアウトだけの店かと思えば、狭い狭い内側に客を招き入れ、酒を出している。3、4人も座れば満席。もちろん、つまみはサンドイッチ。なぜこんな不思議な店が、渋谷のど真ん中にあるのだろう。

 店主の森谷義則さんは、もともと渋谷3丁目で「Bar Dress」を10年間営んでいた。そこに、2020年に向けた「渋谷駅南街区プロジェクト」が降って湧き、移転を余儀なくされた。

 店を失った森谷さんは、飲食店でアルバイトをしながら、移転オープンに向けて物件を探した。でも、いまの渋谷は個人で店を借りるにはあまりにも家賃が高すぎた。そんなとき、知り合いの不動産屋から「おすすめはしないけど、おもしろい物件があるよ」と言われて見にきたのが、いまの場所。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >