2017/10/24 17:00

カエル丸ごとジュースがペルーで愛飲される、ちょっとスピリチュアルな理由――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 先日、二十五年ぶりにペルーを訪れた。ペルーは南米でも屈指の面白い国だと思う。理由は多様性。乾燥した海岸部、標高が三千〜四千メートルもあるアンデス山脈、そして熱帯雨林のアマゾンと、極端に異なる三つの地域があるうえ、先住民とスペイン系とアフリカ系がごっちゃになって暮らしている。当然、ヘンな食べ物の宝庫でもある。

 その筆頭が「フーゴ・デ・ラナ(カエルジュース)」。聞けば「カエルをさっと茹でて、丸ごとミキサーにかけて液状にし、それをごくごく飲む」とのこと。

 なんだ、そりゃ? である。カエルは食べ物としてはアジアでもアフリカでもあるが、飲み物にするなど聞いたことがない。

「それはきっと『ハサミのダンス』から来てるのよ」。昼食の席上、私の疑問に知り合いのペルー人女性二人が答えた。あまりに唐突だし、二人して両手でハサミのポーズをとるので、いつの間にかカニを使ったヘンな食べ物の話に移行しているのかと、スペイン語の下手な私は思ったほどだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >