2017/10/31 17:00

胃の中で跳ねる“ヒキガエルジュース”の驚きの味――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

  前回 に続き、ペルー・アンデスの悪魔信仰から生まれた(かもしれない)カエル丸ごとジュースの話。

 マリーナさんという現地女性の案内で、首都リマ最大の市場ガマラへ向かった。小洒落たリマの中心街から来ると、まるで別の国。乗客がぎゅう詰めになったオンボロバスの間を三輪タクシーが走り回り、この混沌と熱気はまるでバングラデシュの下町のよう。私たちはカエルジュース屋台を探すがなかなか見つからない。

 薬用サボテンやヘビの皮といった、怪しい屋台をかき分けて行くと、突然カエルジュース屋が出現した。屋台ではなく建物内の小さな店。ミキサーが二台並んでおり、若い女子学生や近所の人らしきおじさんなどがカウンターに腰掛けている様子は、普通のジューススタンドに見えるが、上下に二つ重ねられた水槽にカエルが入っているのがちがう。上は「ラナ」と呼ばれるトノサマガエルに似たカエルが水に浸かっている。いっぽう、下の水槽は乾燥しており、中にいる「サポ」はもっとでかい。というか、これ、ヒキガエルだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >