2017/11/28 17:00

アンデス“巨大食用ネズミコンテスト”の意外な採点項目――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 先日、ペルー・アンデスの中心地であるクスコの中央市場へ行ったら、毛がむしられて裸状態の巨大ネズミの死体がバケツや洗面器に山積みにされているのを見て、一瞬ゲッと思った。

 ――これがクイか……。

 ネズミを食べる地域は世界でもそこかしこにあるが、「家畜」として飼っているのはペルーからボリビアにかけてのアンデス山脈だけだろう。

 ネズミと言っても普通の家ネズミではなくテンジクネズミ。日本ではかつてよく実験に使われ、今ではもっぱら愛玩用として飼われているモルモットだ。ペルーでは「クイ」と呼ばれる。

 アンデスでは決してゲテモノではない。それどころか、この世界最小の家畜があまりにポピュラーなことに驚かされる。

 クスコ市内でタクシーの運転手にクイについて訊いたら、「ああ、うちでも十匹くらい飼ってるよ。母の日とか親戚が集まったときとかに潰して食べるんだ」と事もなげに答えた。町の人間でもベランダ園芸並みの気楽さで食用ネズミを飼育しているのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >