2017/11/25 11:00

リヤカーでサンドイッチを売っていたパン職人の壮大な夢

©池田浩明
©池田浩明

 神岡修シェフのことを知ったのは2012年のことだ。彼は中野駅前のガード下で、人波に向かって「サンドイッチいかがですかー」と叫んでいた。1月の寒い朝。かたわらにサンドイッチの積まれたリヤカー。

 早足で歩み去っていく通勤客のうちからひとりまたひとりと列をなし、サンドイッチはみるみる売れていく。神岡さんは寝ずにサンドイッチを作って寒い街頭に立ち、それでも笑顔を崩さない。丸顔とメガネ、関西弁があいまって、昔の芸人さんのような雰囲気。

「お久しぶりです!」

 声をかけられた常連客からも思わず笑みがこぼれる。慌ただしい朝の、たった数秒のコミュニケーション。パンと笑顔で彼は寒い朝の通勤をあたためている。

「最初はあやしげやったみたいですけど(笑)」

 なぜ神岡さんは真冬の駅頭に立ったのか?

「友だちのカフェの厨房を借りて夜中にパンを作って売ってたんですけど、お客さまはなかなかいらっしゃらず(笑)、なんかふわーっと、リヤカーを引いて中野駅で売りはじめたんですよね(笑)。最初はあやしげやったみたいですけど(笑)、2回目、3回目と買ううちに、リピーターになってくれる人がいたり」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >