2018/01/26 11:00

港区芝で100年ぶりに再興された蔵――4階建てビルのユニークな酒造り

「蔵見学」発祥の地から、港区に立つビルの谷間の蔵まで――。
 方々の酒場を呑み歩く加藤ジャンプ氏が、東京という“地元”で勝負する酒蔵を訪れます。首都は案外、酒どころ?

※ 「東京の地酒」が活路を見出した「観光蔵」というコンセプト の続きです。

◆ ◆ ◆

福生まぼろしの酒

 ここまで3つの蔵元を見てきたが、一度ここで日本酒全体の現状について眺めておきたい。

 近年、日本酒は和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたこともあり、世界的に注目“は”集めている。あえて“は”としたのは、注目されているものの、消費量はひたすら減り続けているからである。

 確かに輸出量は、年々増えている。2016年には輸出額が前年比10パーセント増の155億円にのぼった。しかし、たとえばフランスワインの輸出額はその100倍とも言われており、それに比べれば日本酒の輸出額など、まるきり迫力に欠ける数字である。そして、国内での消費量は70年代半ばをピークに下がる一方である。2000年には焼酎の消費量が日本酒を上回った。正直なところ、日本酒を取り巻く状況は、かなり煮詰まっているのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >