2018/01/27 12:00

「クラブシーンの仕掛け人」が切り盛りする“朝食専門店”の謎

©池田浩明
©池田浩明

 ぜんぶアルファベット、日本語はない。まるでNYにあるダイナー風の外観。昨年、山手通り沿いに突如出現した謎の朝食専門店「BREAKFAST CLUB」。

 名物はサンドイッチ。落ぶれた料理人がサンドイッチ屋台で人気シェフの座を奪い返す痛快映画「シェフ」に登場するキューバンサンドイッチが完璧に再現されている。

 ローストポークとハムとが織りなすミルフィーユ。豚肉からは獣の香りにつづいて、フルーティな甘さやスパイシーさが二重三重に飛び出してくる。BEAVER BREADによるキューバパンはバゲットのような味わいの密度がありながら、ばつっと爽快にかみ切れる。チェダーチーズがとろけ、ピクルスの酸味が押し寄せるとき、快楽は最高潮に達する。

店主はかつて夜の世界で知られた「顔」

 女性店主・塩井るりさんは、かつて夜の世界で知られた「顔」。彼女はなぜサンドイッチを作るようになったのか。

 時代のクラブシーンを象徴する場所に彼女は携わってきた。80年代バブル期、マハラジャやジュリアナ東京と並び称された芝浦「GOLD」では企画担当として、90年代ポストバブル期の恵比寿「みるく」ではクリエイティブ・ディレクターとして。みるくはライブハウスではなく、ロッククラブという新しいカルチャーで注目を浴びた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >