2018/02/06 17:00

ネパールにあった世界遺産級!の水牛グルメ居酒屋――高野秀行のヘンな食べもの

すこぶる酒に合う水牛ユッケは「コチラ」
すこぶる酒に合う水牛ユッケは「コチラ」

※前回「 ネパールの世界遺産の真ん中で水牛の生肉を喰らう 」より続く

 ネパールの世界遺産の町で水牛の生肉を食べに行った話。食堂に入ると、正体不明の不気味な食材や料理がテーブルに並んでいて目がチカチカした。説明を受けて驚いた。この店には水牛の正肉はほとんどない。内臓とそれ以外の部位である。

 案内役の友人、ミランさんによれば、ネワール族はネパールでは例外的に、水牛を丸ごとほぼ全部食べるという。「食べないのは骨と尻尾と角だけ」とミランさん。理由の一つは、昔、カトマンズ盆地ではヤギや羊が少なくて人口も密集していたから。さらにネワール族はドゥルガー神への信仰が強い。この神様には水牛を供犠する。後で人が食べるのだが、神様にあげたものだから全部残さず食べるべきだと考えるとのこと。

 とはいえ、この店の料理は驚異的に斬新なものばかりだった。

 まず、「コチラ」。私が目的にしていた生肉だ。この店で用意している唯一の「正肉料理」でもある。水牛の肉を包丁で細かく刻む。次に生姜、ニンニク、クミン、卵を熱した油に入れ、少し熱してから肉にざざっとかけて混ぜる。最後は手で念入りに練り込む。パクチーとネギを入れたら出来上がり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >