2018/02/13 17:00

水牛の脊髄ちゅるりん炒めに脊髄反射!――高野秀行のヘンな食べもの

水牛の脊髄炒め
水牛の脊髄炒め

※前回「 ネパールにあった世界遺産級!の水牛グルメ居酒屋 」より続く

 世界遺産の中で世界遺産級に珍しくて美味な水牛料理に舌鼓を打っていた私。だが、このあとは驚愕の食材が連発した。

 入店当初から、台におかれた皿に、真っ黄色の細い管がとぐろを巻くように載せられているのが気になっていた。太さ約一センチ、長さ約一メートル弱。見るからに「異形」。小腸かと思うが、そのわりにはウネウネしておらずゴムホースのように滑らかだし、だいたい中身がつまっていて管ではなかった。「一体何だ、これ?」首をひねっていると、案内役の友人ミランさんが流暢な日本語で言う。

「これ、なんて言うかな、背中を通ってるズイみたいなもの……」

 え、脊髄!! 思わずピンと背筋を伸ばしてしまった。まさに脊髄反射だ。

 しかし、他の動物でも脊髄を食べるなんて聞いたことがない。少なくとも私は知らない。ネワール族の言葉では「ティソ」。これはすでに茹でてターメリックで色づけしてあるという。おそらく、そのままの色だと気持ち悪いので色をつけたのだろうが、不気味さはいささかも減じていない。指でつまむと案の定、ぶよぶよしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >