2018/03/06 17:00

メソポタミアの古代粘土板せんべい――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 人類最初の文明は今から五千年ほど前、現在のイラク南部、チグリス=ユーフラテス川の合流点近くの湿地帯周辺で生まれた。いわゆるメソポタミア(シュメール)文明である。

 ここで文明が生まれた理由として、大河の洪水がもたらす肥沃な土地と灌漑農業の発明が主に挙げられるが、私は、ひそかに「粘土」と「葦」に注目している。

 粘土はいわゆる「シュメールの粘土板」の材料である。湿地帯からいくらでも取ってくることができる。パピルスや羊の皮よりはるかにお手軽だ。

 いっぽう、葦。現在、イラクでは「カサブ」と呼ばれているが、葭簀(よしず)を作る葦みたいに軟弱なものだけではない。中には人の頭を叩いて殺せるほど固くて太い、青竹のようなものもある。

 古代シュメール人はこのカサブを適当な大きさに割り、それを粘土板に押しつけることで楔形文字を書いた。インクもいらず、ひじょうに簡便だ。

 もっともカサブが文明においてもっと重要だったのは燃料になったことだろう。人間が集まって住むにはどうしても大量の燃料が必要になる。古代においては当然、薪か炭だ。メソポタミアの場合は、カサブがそれこそ湿地帯に無尽蔵に生えていた。森の木は切っていくとすぐなくなってしまうが、カサブは切っても切ってもどんどん生える。現在、この辺では石油が豊富に産出するが、大昔から大燃料地帯だったのだ。だからこそ、二千年以上にもわたって栄えたのだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >