2018/03/19 17:00

有名ワイナリー「パルメイヤー」を継いだ娘が語る“幸福な世代交代”とは

クレオ・パルメイヤー氏
クレオ・パルメイヤー氏

 カリフォルニアは、フランスのボルドーやブルゴーニュが、歴史の中で連綿と築いてきた葡萄の栽培・醸造技術を、極めて短期間のうちに科学の力で手にし、本家をも脅かす銘醸地へと進化してきた。核となるナパ、ソノマ地域にワイナリーは各800社。ワシントン、オレゴンを合わせると、実に2700社が鎬(しのぎ)を削る中、「パルメイヤー」の名を一躍、世に知らしめたのは1本の映画だった。「ディスクロージャー」(米・94年)。作中、入手困難な同社の「シャルドネ」が、陰謀を暴くカギとなる。

 こうしたプレミアムワイン、さらに上を行くカルトワインと呼ばれる高級ワイン群は、最高品質がゆえに生産量が少なく、高額で世界中の好事家や投資家に取引されている。製造を担うのは、70~80年代に開業し、著名な栽培家や醸造家と手を結んで富と名声を勝ち得た有名ワイナリー。それらが今、世代交代を迎えつつある。

 昨年、父親から事業を完全継承し、「パルメイヤー」の新オーナー社長に就任したクレオ・パルメイヤー氏曰く、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >