2018/04/10 17:00

ついに「口噛み酒」を日本に持ち帰った!――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

※前回「 リアル“口噛み酒”の凄まじい迫力 」より続く

 アマゾンの口噛み酒の続き。さんざん噛んで吐いて、仕込みは完了したが、問題はこの後だ。

 万事に付けて計画性のない私は、噛んだイモが酒に発酵する時間をまるで考慮していなかった。他の取材にも時間をとられており、明日にはここを発ってアンデス山地のクスコに戻らなければいけなかった。

 やむをえず、町でプラスチック容器を二個買い求め、二種類のイモ・ペーストを詰めた。発酵させながら旅を続けるのだ。

 テオフィラさんによれば、「三日目から飲める」とのことだが、それはあくまで高温多湿のアマゾンでの話。標高三千メートル以上のアンデスでは、一日の平均気温はここより十五度以上低く、湿度も気圧も低い。要は環境が全然ちがうのだ。

 二つの容器を別々にビニール袋で厳重に包み、丸一日かけて三千数百メートルをバスで登って、クスコに戻ったが、仕込んでから三日が経っても、少しピリッときただけで酒からはほど遠い。というより、ピリッときたのは腐敗の刺激じゃないのか。私の不安ばかりが発酵していく。結局、クスコ滞在でも発酵せず、首都リマまで飛行機で持ち帰ったが、イモのペーストは若干酸っぱさが増しただけ。そして帰国日を迎えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >