2018/04/13 17:00

江戸前鮨の名匠が警鐘を鳴らす「本当は危険な海外の鮨」

©iStock.com
©iStock.com

「Sushi」はヘルシーな日本食として海外でも大人気。世界中の都市で鮨屋が次々とオープンして人気を博しているが、もちろん、そのすべての店で日本人の鮨職人が握っているわけではない。2016年9月、ハワイで「すし匠ワイキキ」を開店した「江戸前鮨」の名匠・中澤圭二氏が、「世界で広がる鮨の危うさ」について警鐘を鳴らす。

◆◆◆

「Sushi」が社会問題になっている

 海外での日本食レストランの増殖がとまらない。世界的な健康ブームの流れのなかで、2006年に2.4万軒だったものが2017年には11.8万軒にまで急増。この日本食レストランのなかには、当然、「もどき」も数多く含まれるのだが、この11万余軒の日本食レストランでは、当然、メニューの一品として「Sushi」が提供されるケースも多い。

 国によって異なるが、「日本食レストラン」のうち、鮨のみに特化した専門店は、数%~20%ほどと推測される。そんななか、近年「鮨の危険性」が海外でクローズアップされはじめている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >