2018/05/01 17:00

待つこと3時間、「時短」ならぬ「時長」なコソボのソウルフード――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

※前回「 コソボ・アルバニア人の異常なソウルフード 」より続く

 異常なコソボのソウルフード、ミルフィーユ的クレープの「フリア」の続き。

 待つことなんと三時間、ようやく料理が完成した。たぶん20R(ラウンド)くらい塗っては焼いてを繰り返していると思う。女性陣が台所で切りわけ、男たちのテーブルに皿を運んでくると、男たちは「待ってました」とばかりに、がっつく。

 私も食べた。感想は……たしかに美味い。バターも生クリームもこの家で飼っている牛から取ったものだからすごく新鮮だ。だが、これまでに食べたケバブやパプリカの牛乳膜焼きなどの方がよっぽど豪華だし、三時間待って、食事がこれだけとは一体どういうことなんだろう。日本的に言えば、鍋をやると言ってみんなが集まり、でも「締め」のうどんしか食べないようなもんだ。そのうどんはコシがあるしダシもきいていてたしかにうまいが、でも三時間待ってうどんだけって何だよ? という感じなのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >