2018/05/15 17:00

素材を生かしすぎ! タイのゲテモノ料理がすごい――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 ゲテモノ系の食品は「何を食べたか」が常に話題とされるが、私の経験では、「どうやって」が重要だ。例えば、中国では虫とか野生動物を容赦なく食べるが、ひじょうに濃い味付けにして、油でしっかり揚げたり炒めたりするので、さほど抵抗感なく食べられてしまう。

 逆に、食べる側にとって厳しいのは素材の容姿、味、食感が全開になっている調理法だ。それをつくづく実感したのは、イサーン(東北タイ)の村へおたまじゃくしを食べに行ったときだ。

 カエル料理はアジア各地にあるが、おたまじゃくしは聞いたことがない。面白そうだと思い、行ってみたのだが、村に着くと「来るのが少し遅かったな」と言われてしまった。カエルが卵を産んでおたまじゃくしが孵化して育つのは五月で、私が到着したのはもう六月だった。

 しかたないので、おたまじゃくしの親(?)である、カエルを食べることにした。翌日、知り合いになったおばさんの後についていくと、彼女は田んぼの中にザブザブと入っていき竹のザルで田んぼの水を片っ端からすくい始めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >