2018/05/29 11:00

ビールよりうまい! 丹沢大山「山頂茶屋」山菜そばをわざわざ食べに行く

山の季節だ ©坂崎仁紀
山の季節だ ©坂崎仁紀

 トレッキングを楽しむ人たちにとって、最高の季節が到来した。若きアドベンチャーレーサー、田中陽希氏の「グレートトラバース3」――日本三百名山を全山人力で踏破する――もスタートしたし、週末が近づくと『そこに山があるから行かなければならない』と居ても立っても居られない人も多いと思う。

 実はそば好きにとっても同様にソワソワする時期でもある。ようやくたどり着いた山頂の山小屋で食べる一杯の「頂上系そば」は堪らなく旨いのだ。高尾山山頂の「やまびこ茶屋」で食べるとろろそばや立山黒部アルペンルート室堂にある「立山そば」も印象的だ。

丹沢大山の頂上系そばを目指して

 そして丹沢大山の「大山山頂茶屋」にも人気の頂上系のそばがある。ゴールデンウイークの晴れた土曜日、丹沢大山を目指すことにした。小田急線に乗って伊勢原下車。バスに乗り大山ケーブル駅に到着し、真っ赤なケーブルカーであっという間に阿夫利神社駅に到着。ケーブルカーは十年以上前に乗ったものとは違い、ずいぶん真新しくなっていた。2015年頃に大規模な改修工事が行われたそうだ。

 阿夫利神社下社をお参りして、急峻な階段で始まる登山口からスタートだ。1丁目の下社(標高約700m)から28丁目の大山山頂(標高1252m)までは約1時間半の行程である。連休中とあって大変混雑している。家族連れや山ガールの一団が続々と山頂を目指す。登山道は比較的広く、森林帯を進むので心地よい。少し雲が出ているものの晴れていく予報だ。風は弱く、大山登山にはもってこいの気候である。

まずは山を楽しむ

 8丁目まで登ると夫婦杉が現れる。左右同形の巨木で、樹齢5~600年を経ている縁起の良い大木だそうだ。

 まだこのあたりは杉などの樹林帯だが、休憩所がある16丁目あたりまでくると樅の木などに変わって来る。

 20丁目の富士見台あたりまでで約1時間ほど経過。だいぶ青空が増えて来たが、富士山はまだ拝めなかった。

 森林帯がやや低木になり、登山道には大きな岩がゴロゴロ現れ始めた。小さい子供たちが元気に下って来る。ガレ場が出てくるともう少しで山頂である。

いよいよ大山山頂茶屋に到着

 ようやく28丁目の山頂鳥居に到着。頂上がみえてきた。そしてそこには、すばらしい晴天と眺望が広がっていた。雲は消え、遥か相模湾方向が見渡せる。富士山も顔を出してきた。奥社に参拝し、いよいよ大山山頂茶屋へ到着だ。

 大山山頂茶屋も昼時で大混雑であった。以前来た時よりだいぶ綺麗に改装されたように思う。テラス席が増えたのかもしれない。

 メニューに「山菜そば」500円があることを確認し、ようやく大山詣の目的「山菜そば」を注文した。

かわいい「フランクフルト焼きたてでーす!」の声

 大山山頂茶屋は家族で経営しているようで、お孫さんだろうか繁忙期にお店の手伝いをしているようだ。店の外でフランクフルトを焼いて、「フランクフルト焼きたてでーす! いかがですかー」と大きなかわいい声でお客さんに一生懸命すすめている。頼もしいスタッフ達だ。

 しばし待って「山菜そば」が到着した。まず、ひとくち。疲れた体にしみ渡る出汁の味だ。麺は茹で麺だが、シャキシャキの山菜がシンプルにのっていて、大変結構である。ビールを飲むよりもこの山頂の一杯のそばが堪らない。登頂の達成感と疲労感と眩しすぎる頂上の眺望がうまさを2倍にも3倍にも感じさせてくれるのだ。

 丹沢大山一帯は水もうまく、ふもとでは豆腐料理なども人気である。下山後の立ち寄りもまた楽しいものだ。

 自分はトレッキングの達人ではないが、茶屋で同席した丹沢登山の達人たちは、大山から西方8キロほどにある鍋割山(1272m)の鍋割山荘の「鍋焼きうどん」が超絶に旨いと口をそろえて教えてくれた。いつかそちらも食べてみたいものである。

写真=坂崎仁紀

大山山頂茶屋

神奈川県伊勢原市大山山頂

営業時間 10:00~15:00

(坂崎 仁紀)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >