2018/06/04 11:00

一般客もOK 東大の学食に登場した“ハラール”ケバブがいろいろすごい

ウメル・アルクルトさん
ウメル・アルクルトさん

 この4月、40年ぶりに、東京・本郷にある東京大学中央食堂がリニューアルされた。その一角に現れたのが“ハラール”のコーナー。イスラム教徒は、イスラム法に則って処理された、豚肉以外のハラールミートを食べる。

「留学生、研究者、大学のスタッフ……日本の大学でもハラールが必要になっていますね」と日本語で語るのはウメル・アルクルトさん。新宿3丁目で『ケバブ家(いえ)』という小さなトルコ料理のお店を出して11年目を迎える。

 トルコ随一の食処で知られるガズィアンテップの出身。22年前に来日し、大工として10年働いた後、開店した。料理の腕と正直な商いが信頼を得て、東大学食への肉の卸しとメニュー作りを担当。

 京都大学の学食のハラールケバブを提供しているのは、ウメルさんの兄。「これは全くの偶然で。未来は神様しかご存知じゃないから、人生には色々なことが起りますね」

 リニューアル直後からウメルさん特製のラップ、ケバブライスは日に300食を完売。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >