2018/06/05 17:00

耳かき作業で作るシルクロード食――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

※前回「 トルコの美形民族が極小餃子マントゥ 」より続く

 トルコの極小餃子作りを習う話の続き。

 二・五センチ四方の皮に具を包む。正直「ありえねー!」と思った。包める具は「耳かき一杯分」なのだ。実際には一本の箸でタネをつついて具を少しとる。ちょうどいい量をとるのがとても難しい。多すぎたり少なすぎたり。本当に耳かきを用意すべきだったと嘆息した。

 サラームさんは「タマネギのみじん切りが粗すぎた」と悔やんでいた。たしかに五ミリのみじんは下手すると、それだけで具一つ分になってしまう。

 この微量の具を極小皮にのせ、四つの端を寄せるように包む。千代紙を折っているよう。

「てきとうでいいんですよ。トルコのおばちゃんたちは本当にてきとうだから。煮てるときに具が出ちゃっても気にしない」とサラームさん。本欄担当編集者のSさんとサラームさんの友人Fさんも参加し、四人で頑張る。

 途中から、一人が箸で生地に具を載せ、他の三人がそれを包むという分業体制にしたら、仕事がはかどるようになった。「さすがトヨタ式!」「いや、産業革命!」などとトンチンカンな歓声をあげるのは、ちまちま作業でハイになってきていることもある。そう、みんなで細かい作業を続けていると、仲間意識が深まるのだ。“極小”には「アホ」だけではなく、コミュニティ料理の一面もあるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >