2018/06/19 17:00

個人的最大の恐怖! ヒルに似た食べ物――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴
イラスト 小幡彩貴

 突然だが、私は「ヒル(蛭)恐怖症」である。細長く、伸びたときのサイズは三〜七センチくらいで、茶色から緑がかったものまで、いろいろ種類がある。水辺や草地におり、人や動物にたかって血を吸う。

 昔は特になんとも思ってなかった。ただ、血を吸われると、引きはがしたあとも血が止まらず、ときにはそこが化膿したりするので厄介だなと思っていた程度だ。ところがミャンマー北部のジャングルをゲリラと一緒に二ヶ月くらい歩いていたとき、それが「恐怖」に変わった。雨季が始まり連日豪雨に見舞われた。雨が降ると、この辺はヒルの天国である。

 泉鏡花の有名な小説『高野聖』には主人公の僧侶が山を歩いていると、上から無数のヒルが降ってくるという恐怖の場面がある。

 実際にはヒルは地面の上や丈の低い草の葉裏に隠れている。そして、動物や人間の立てる音や振動を感知すると、ひょいと取りつき、尺取り虫のように伸縮しながら上ってくる。その速さといったらない。靴から肩まで十秒もかからない。そして、たとえ皮膚の上を這っていても人間は感じない。気づいたときには首筋で血を吸っていたりする。だから「ヒルが木の上から降ってくる」などと誤解される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >