2017/08/01 12:00

富士宮「うるおいてい」のやきそばは もちもち細麺と具材のバランスが抜群 CREA 2017年8月号

 B級ご当地グルメを競うB-1グランプリで一躍有名になった名物「富士宮やきそば」。その特徴は富士宮市内4つの製麺業者の蒸し麺を使ったコシのあるもちっとした麺。店によって異なるソースの味付けやトッピングが腕の見せ所だ。やきそばを食べられる店は市内に約160店舗もあり、そこかしこにソースの香りが漂っている。ここではその中の4店をご紹介。

ソースの香りや焼ける音
五感でやきそばを味わう

◆うるおいてい


うるおい焼そば 890円(税込)。

 テーブルはすべて鉄板付きで、店長や店員が目の前でやきそばを作ってくれる。もうもうとあがる煙やそばの焼けるジュージューとした音が前菜代わり。

 8種類以上をブレンドしたウスター系の甘辛ソースで味付けし、そばの中央に落とした朝取りたまごが半熟になる頃、イワシの削り粉と青のりをたっぷりかければ完成。


うるおい焼そば 890円(税込)。

 もちもちした細麺とシャキシャキのキャベツやネギなど、具材とのバランスも抜群。自家製の辛子みそで味の変化も楽しめる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >