2017/09/25 12:00

大阪・東淀川区にある「焼き菓子の里」 ドイツのお菓子マイスターが作るおやつ

「焼き菓子の里」という店名に魅かれて訪れてみると、お店は田舎ではなく、大阪の街中にありました。東淀川区役所から徒歩ですぐ。幟と手書きの看板が目印の小さなお店です。


左:オレンジ色の幟を目印に。
右:ほっこりした雰囲気の店内。

 中に入ると、色々な焼き菓子やクッキーが壁面までいっぱい並べられています。すべて、ご主人・古井和也さんが奥の厨房でひとりで作ったもの。プライス表示の手書きの説明も包装も、手作りっぽくて心が和みます。


店主の古井和也さん。


お菓子を作る古井和也さん。

 古井さんは、1979年生まれ。調理師専門学校と製菓専門学校を卒業後、勤めたのはイタリア料理店。スーシェフ(副料理長)になっていましたが、「お菓子の技を磨きたい」と、心機一転。

 アルバイトでお金を貯めてドイツの菓子職人プログラムに参加します。

「ウィーンに憧れていたのに、間違えてドイツに行ってしまいました」と古井さんは苦笑い。

 ルクセンブルク王室御用達の「オーバーワイス」で1年、南ドイツの老舗「カフェ・ベルナー」で7年働き、お菓子の原点ともいえるドイツの古典菓子に魅せられます。チョコレートのコンテストにも出場。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >