2018/01/14 08:00

可愛すぎるどらやきはやみつき必至! 伊丹に誕生した専門店の驚きの品揃え

 こんがり、ふんわり焼かれた生地に、小豆餡を挟んだ「どらやき」。関西では、奈良の三笠山に似た形から、「三笠」「三笠焼き」などと呼ばれます。目の前で生地を焼き、できたてを売る大好きなお店が京都にあったのですが、何年か前に閉店してしまいました。


左上より時計回りで「抹茶」「ゆずしょうが」「木苺」「渋皮栗」「小豆」「レモン」。

 おいしい「どらやき」を探していたら、以前ご紹介した大阪・豊中市の「森のおはぎ」の卒業生が、2017年11月23日に兵庫・伊丹でどらやきの専門店をオープンしたとのニュース。さっそく出かけてみました。


キツネの暖簾が可愛い。

 場所は、JR伊丹駅と阪急伊丹駅の間。伊丹は、江戸時代から酒造りが盛んで、全国に先駆けて産業としての清酒醸造を確立した地としても知られています。

 新しく開発されたピカピカのエリアの一角に、キツネのマークの暖簾。ガラス張りの明るいお店が「果実、木の実、茶の葉のどらやき」の「キツネイロ」です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >