2018/02/25 15:00

大阪愛にあふれたパン屋さんの名前は 楽しさ満点「プププ プティッタプティ」

 大阪・阪神なんば線伝法駅から徒歩7分。住宅街にあるパン屋さんには笑顔が絶えません。「プティッタプティ」とは、フランス語で少しずつ、1歩ずつという意味。その前にpupupuという笑い声が付いた店名です。


2017年6月にオープン。


黒板の手描きメニュー。

「人を大切にしたい。そして、お店に関わる人すべてが、それぞれの素晴らしい人生を、自分のペースで、一歩ずつ確実に歩んでほしいと思って名付けたんです。そこに母がpupupuという笑いを足してくれました。お客様の笑顔がいっぱいのお店にしたい」と、店主・古川誠子さん。

 その妹の純子さんとお母さんの千重子さん、焼き菓子を焼く奥田真帆さんが笑顔でお出迎え。入っただけで元気になれる街のパン屋さんです。


味わい深いパンがいっぱい!


パン職人の古川誠子さん。

 パンを焼く古川誠子さんは、1985年、大阪市生まれ。パンが大好きで、12歳の頃からパン屋になると決めていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >