2018/04/30 12:00

オープン日は最大4時間待ちも!? 日比谷で“ニュース”な飲茶を体感!

“世界一安い星付きレストラン”が
ついに日本上陸!

◆添好運(日比谷)


女子4人で全メニュー制覇を目指して訪問。さて、香港の味は再現されているのか!?

 4年連続でミシュランの3ツ星を獲得したフォーシーズンズホテル香港「龍景軒」の点心師、Mak Kwai Puiシェフが、Leung Fai Keungシェフとともにオープンしたのが、この添好運(ティム・ホー・ワン)。“よりカジュアルに、日常的に本物の味を”のコンセプトのもと、オリジナリティあふれる点心を提供している。

 2010年には、こちらもミシュラン1ツ星を獲得。“世界一安いミシュラン星付きレストラン”と称されるようになった。現在では台湾をはじめとするアジア各国やオーストラリア、アメリカにも進出。そんな話題の店が、ついに日本にもやってきたのだ!


場所は日比谷シャンテ別館。ゴジラのモニュメントの裏手にある。

 オープンしたのは2018年4月8日(日)。11時の開店にもかかわらず、7時半には客が並び出した。10時に獅子舞が登場すると、現場はお祝いムード一色に。高鳴るドラの音(ね)に、こちらの期待も膨らむ。やがて行列は驚きの長さに! 昼のピーク時には4時間待ち(!)にまでなっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >