2019/10/25 17:00

現代版「家事の常識」にしたいコト "おいしい"だけで終わらせてない?

 料理を「作らない・作れない」ことに罪悪感を持っている人に贈る、ベテランフードライター・白央篤司さんの金言&レシピ。

 冷凍食品にちょい足しするのも立派な自炊。簡単なことから始めてみませんか?


 こんにちは。突然ですが、最近よく思うことをふとツイートしたら、「いいね」が1万4千超えと結構な反響が返ってきて驚いたんです。


それぞれ補足すると、

◆01 ごはんを作ってもらってたら箸、小皿、飲み物容器などは用意する

 料理が終わり、さあ食卓に運ぶぞというとき「出すだけ」で済む。これ、うれしいものです。なんたって、みんなすぐに食べられますからね。

 せっかく作ったのだから、熱いものは熱いうちに食べてほしい。作った本人だって、すぐに食べたい。「はい、できたよー」と声がけしたら、取り皿や箸などを用意してくれると、うれしい。

◆02 食べ終わった皿は流しに運び、さっと水で濡らしておく

 使った食器を水で濡らす、水につける。ここポイント。その後の洗いやすさ、全然違いますから(ごはん茶碗なんか特にそう)。

◆03 作ってもらったら洗い、乾いたらお皿を元の位置に戻す

「洗ったお皿を元に戻す」、いわゆる「名前のない家事」ですね、この面倒くささは一度や二度やったぐらいでは分からない。単純作業もいいとこですから、「こんなことが面倒なの?」と言われてしまいがち。

 心にオリが溜まるような作業のひとつ、とでもいいましょうか。

 言うまでもないですが「必ずこうしよう」「こうすべき」と提言してるわけじゃないです。家やカップルによって、ありようは様々。得手不得手はバラバラでしょうし、それぞれがカバーし合えてたら言うことなし。

「別にやってほしいと思わない、全部やってあげたい」と思う人だって、いるでしょう。

お互いに相手を想い行動する
それが家でも行われるべき


 ただね、誰かと生活を共にするとき、先に挙げたようなことはもう社会的な「常識」であってほしい。お互いがスムーズで気持ちよくいられ、長続きする関係を目指すならば。もう男女、年齢差とか関係なく。

「料理してもらってたら箸を出す」「洗う」が大事というよりも、「料理はしてもらってるから、他に何をしておけば相手がラクか?」みたいに考える習慣をつけておく。それができてる人って、暮らしやすい。組みやすい。

 料理に限らず、他の家事でもそうだし、旅行のときなどもいいですよね。

 学校とか会社だと、わりに多くの人が自然にやっていると思うんです。それを家でも、ホームでもやろうよ、と。

「相手がAをやっている、ならば自分は何をしたらお互いがラクか」という思考をベースに、ふたりの得意なこと、苦手なことを加味しつつ「どう分担するか」を日々微調整していく。現代の「家事をシェアする」って、そういうことじゃないのかなと。

 こういう考え方を若いうちに知っておいたら、いろいろと「失敗」も少ないと思うのですよ。「ありがとう」「おいしい」と言葉で伝えることも大事なんですけど、そこで終わっちゃうと長続きはむずかしい。

「幸せなら態度で示そうよ」だけじゃなく、もう一歩進んで行動で示さないと、伝わらない。

 私もいろいろ「失敗」してきました……と、妙にしんみり思い出しモード(笑)。ははは、秋のせいだな。

家飲みで大好評!
イチジクとミントの爽快マリネ

 さて気分を変えて、今回は料理を1品ご紹介。

 イチジクとミントの軽いマリネです。先日の家飲みで出したらわりに好評だったんですよ。


■材料

・イチジク:4~5個
・赤ワインヴィネガー:小さじ2
・オリーブオイル:小さじ2
・ミント:15枚程度
・塩:2つまみ

■作り方

(1) イチジクは皮をむき、4等分にする。

(2) ボウルに切ったイチジクを入れて、赤ワインヴィネガーとオリーブオイルを入れて軽く和える。つぶれやすいので、軽くボウル自体をゆするぐらいでOK。ラップをして冷蔵庫で20~30分おく。

(3) うつわに盛って塩をふりかけ、ミントを散らす。

 白ワインやスパークリングが進みます。もしあれば、オレンジやレモンをひと絞りしてもおいしいですよ。酸っぱいのがお好きならヴィネガーを多めに。

 ではでは、また来月。


白央篤司(はくおう あつし)

ローカルフードや「暮らしと食」をテーマとするフードライター。近著『自炊力 料理以前の食生活改善スキル』(光文社新書)が現在4刷に。パートナーとふたり暮らしは4年目、炊事全般と平日の洗濯を担当中。
http://hakuoatsushi.hatenablog.com/

文=白央篤司



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >