2019/11/03 17:00

自家製酵母パンが続々と焼きあがり! グラタンや野菜とのマリアージュも◎

 キリスト教徒でなくとも、パンとワインは切っても切り離せない関係。

 パン飲みは、懐石料理のお凌ぎのようにパンをちょっとかじることで空腹を凌げるから、安心してお酒が飲める。

 パンのバラエティを楽しみ、嚙みしめながら、ワインをごくり。パンがおいしすぎるとパンばっか食べて、料理はちょっとしか食べられない。この加減が難しい(笑)。

 蕎麦屋で蕎麦前と称して昼間からお酒が飲めるように、パン屋なら昼ワインも罪悪感なく堂々と飲めるのが嬉しいですね。


パンをこよなく引き立てる
料理の数々

●FACTORY(ファクトリー)


パンにのせて食べたい肉感たっぷりのパテ ド カンパーニュ 1,000円。農園野菜のバーニャカウダソース 950円。ほろ苦い自家製サングリア 730円。すべてディナーメニューで、ノアレザンやセーグルなど日替わりパン4種付き。パンはおかわり自由。

 駅からちょっと離れているにもかかわらず、朝から大盛況のベーカリーカフェ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >