2017/06/29 07:00

【月齢別】離乳食と授乳の関係!母乳やミルクは「どのくらい」「いつまで」あげる?

【月齢別】離乳食と授乳の関係!母乳やミルクは「どのくらい」「いつまで」あげる?
【月齢別】離乳食と授乳の関係!母乳やミルクは「どのくらい」「いつまで」あげる?

離乳食を始めたら母乳・ミルクはどうする?

生後5~6か月になると、多くの赤ちゃんが離乳食をスタートします。
「離乳食を始めたら、母乳やミルクはどのくらいあげれば良いの?」と疑問に思うママもいますよね。離乳食を始めても、しばらくの間は母乳やミルクが主な栄養源となるため、今まで通りにしっかりと授乳する必要があります。月齢と共に離乳食が進み、食事から摂れる栄養が多くなると、徐々に母乳やミルクの割合が減っていきます。

離乳食と母乳・ミルクのバランスは?

【5~6か月】
離乳食は1日1回、栄養の約20~30%を離乳食から摂ります。
この時期は「離乳食を食べることに慣れる」のが目的で、主な栄養源は母乳やミルクです。離乳食の後には、母乳やミルクを飲みたいだけたっぷりとあげましょう。授乳回数は、母乳で1日6~7回、ミルクは5回くらいで1日1000mlが目安です。(※1)

【7~8か月】
離乳食は1日2回、栄養の約30~40%を離乳食から摂ります。
まだまだ栄養源の半分以上は母乳やミルクですので、離乳食の後には、母乳やミルクをたっぷりとあげましょう。授乳回数は、母乳もミルクも1日5回くらい。ミルクは1日700~900mlが目安です。(※1)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >