2017/10/26 07:00

赤ちゃんと一緒に楽しもう!離乳食と日本の行事

今まであまり意味もわからずに過ごしていた行事や行事食も、赤ちゃんと一緒に行事を感じることで改めて考える、知ることができる良い機会になるかもしれませんよ。

一緒に楽しむためのポイント

一緒に行事を楽しみたいと言っても、大人と赤ちゃんでは全く同じものを食べられるわけではありません。食材によってはまだ食べられないものもあります。また、大人と同じものだと味付けが濃いため、消化機能が未熟な赤ちゃんの内臓に負担がかかってしまいます。そのため、赤ちゃんに行事食を用意するときは離乳食と同じくらいの味の濃さにします。

味が全く同じではなくても、見た目を大人のものと似せてあげるだけでも雰囲気を味わうことができますよ。ハロウィンだったらかぼちゃの形、端午の節句ではこいのぼりの形、クリスマスはツリーの形など行事が目で見てわかるようにモチーフを取り入れるのも良いでしょう。

まだまだ食べられるものも少ない離乳食期。ですが、短い離乳食期の間にも行事を感じさせてあげるのは大切です。ママがひと手間かけて赤ちゃんと一緒に行事を楽しんでみましょう。

(テキスト: 管理栄養士 上野 知佐)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >