2017/11/08 07:00

ブロッコリーの上手な切り方や保存法をマスターし、やみつき副菜に!

ブロッコリーの上手な切り方や保存法をマスターし、やみつき副菜に!
ブロッコリーの上手な切り方や保存法をマスターし、やみつき副菜に!

旬を迎えるブロッコリーはどんな料理にも合う

ブロッコリーは秋から冬にかけて旬を迎える野菜です。洋風のイメージが強いかもしれませんが、どんな味付けや調味料ともよく合うので、さまざまな料理に使えますよ。また、ブロッコリーは加熱しても鮮やかな緑色を保つことができます。ブロッコリーを料理にプラスすることで、料理の彩りが良くなります。

ブロッコリーの切り方

ブロッコリーを小房に分ける時に、花蕾の部分がポロポロと取れてしまうという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?ブロッコリーを切る時は、包丁を使って太い軸から大きめの小房に切ります。その後、小房の軸の部分に包丁で十字に切れ目を入れ、そこから手で割くようにすると、花蕾の部分を包丁で切ることなくきれいに分けることができますよ。

塩ゆでブロッコリーが便利

ブロッコリーは炒めたり和え物にしたり、シチューやスープに入れたりと、さまざまな料理に使います。しかしその都度、下茹でするのは少し手間がかかりますよね。 そこで、ブロッコリーを購入したら、その日のうちに塩ゆでしてしまいましょう。2~3日で使い切る場合は冷蔵保存できます。それ以上保存したい時は冷凍保存します。
こうすることで、使いたい時にすぐに使えてとっても便利です。鮮やかな緑色のブロッコリーを使ったおかずは、食卓やお弁当をパッと明るくしてくれますよ。

(テキスト: 管理栄養士 若子 みな美)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン