2017/12/07 07:00

添加物は危険?子供への影響と避けるべき食品

添加物は危険?子供への影響と避けるべき食品
添加物は危険?子供への影響と避けるべき食品

食品にはどんな添加物が使われている?

添加物は、食品を製造する時に加工・保存の目的で加えられます。
味や見た目を良くするもの(甘味料、着色料、発色剤、香料など)、保存性を高めるもの(保存料、酸化防止剤、防かび剤など)、栄養成分を強化するものなど、加工食品を作るうえで大切な役割を果たしています。

どんな食品に多い?

添加物は、ほとんどの加工食品に使われています。特に「賞味期限の長いもの」は保存性を高めるために様々な添加物が使われていたり、清涼飲料水や菓子類、漬物やふりかけなど「カラフルなもの」「色鮮やかなもの」は、添加物によって着色していることが多いです。

また、ドレッシングやめんつゆ、ウスターソース、顆粒だしなど調味料類にも添加物が多く使われています。

子供に食べさせても問題ないの?

日本では、厚生労働省により安全性を認められた添加物のみが使われているため、一般的な食生活で摂取する程度の量であれば心配いりません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >