2017/12/21 07:00

塩分の摂りすぎは美容の大敵?!塩との上手な付き合い方とは?

塩分の摂りすぎは美容の大敵?!塩との上手な付き合い方とは?
塩分の摂りすぎは美容の大敵?!塩との上手な付き合い方とは?

塩分を摂りすぎるとどうなるの?

塩分(ナトリウム)はミネラルの一種で体内の細胞の浸透圧を調整するなど私たちの体が正常に動くためには欠かせない栄養素ですが、摂りすぎには注意が必要です。

ナトリウムを摂りすぎると、それを薄めようとして水を集めます。こうしてたくさん集まってきた水はうまく代謝できないと「むくみ」となります。
つまり、塩辛いメニューばかり食べているとむくみにつながりやすくなるということです。

塩分は1日どのくらいまでOK?

18歳以降の成人男性が1日に摂取する塩分の目標量は8.0g未満、18歳以降の成人女性は7.0g未満とされています。(※1)
小さじ1杯の食塩が6g、濃い口醤油は大さじ1杯(18g)で2.6gの塩分が含まれますので、1日の目標量である8g、7gはとても少ないと感じられると思います。

塩分(ナトリウム)を排出するためには?

細胞内外の浸透圧調整にはナトリウムとカリウムがシーソーのような関係で関わっています。つまり、過剰に摂ったナトリウムはカリウムを適度に摂ることで調整することが出来ます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >