2018/03/06 07:00

親子で一緒に料理をしよう!そのメリットや実践方法

親子で一緒に料理をしよう!そのメリットや実践方法
親子で一緒に料理をしよう!そのメリットや実践方法

子どもと料理を作るメリットは?

食材に触れる・匂いを嗅ぐ・トントンと刻む包丁の音を聞くなど、料理を通して得られる様々な経験は、幼児期に大切な五感や想像力を育みます。
そして「自分で作れた」という達成感や、「おいしい」と言ってもらえる満足感を得ることは、子どもの自信につながります。

「何を作る?」「どの食材にしようか?」と会話をしたり、食材の扱い方を教えてあげたりと、楽しくコミュニケーションを取りながら料理をすることは、親子の絆も深めます。

何歳からキッチンでお手伝いさせてよい?

キッチンでのお手伝いは、2~3歳からが目安です。キッチンには危険もあるため、ママの話がきちんと聞けて、言葉を理解できるようになってからが安心です。

お手伝いにはまだ早い年齢の子どもには「今からハンバーグを作るよ」「卵をまぜまぜするね」とキッチンから話しかけてあげましょう。料理している姿を見せることで「ママは何してるんだろう」「自分もやってみたい!」と、子どもの興味心や好奇心を育てていきましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >