2018/04/23 07:00

食事のスピードが「速い子・遅い子」その原因と改善方法は?

食事のスピードが「速い子・遅い子」その原因と改善方法は?
食事のスピードが「速い子・遅い子」その原因と改善方法は?

食べる速さは、子どもにどんな影響がある?

食べるのが速い子は、よく噛まずにまる飲みしてしまうことで胃腸に負担がかかり、消化不良や腹痛を起こしやすくなります。また、早食いは肥満になりやすいこともわかっています。(※1)

食べるのが遅い子は、小食になりがちで、それが習慣化すると、活動するためのエネルギーや成長に必要な栄養が不足してしまいます。家ではゆっくり食べられても、時間の決まっている幼稚園や学校の給食ではそうはいきません。集団生活の場合、時間内に食べ終えることができず、後の予定が遅れるなど、周囲に影響が出てしまう場合もあります。

食べるのが「速い・遅い」の原因

食べるのが速い子は、ひと口の量が多い、食材をよく噛まずに食べているなどが原因のひとつです。よく噛まずに飲み込んでしまうと無意識に食べるスピードは速くなります。また、1人で食事をすることが多い子どもも、会話をせず黙々と食べることになるため早食いになりがちです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >