2018/05/24 07:00

チョコレートって何歳からOK?目安の時期と気を付けたいポイント

チョコレートって何歳からOK?目安の時期と気を付けたいポイント
チョコレートって何歳からOK?目安の時期と気を付けたいポイント

チョコレートは何歳から食べられる?

子どもにチョコレートを与えるのに「何歳からOK」という明確な決まりはありません。

少なくとも、消化器官が未発達の離乳食期(1歳半まで)の間は控え、それ以降に与える場合も、クッキーにのっているような少量のチョコレートにとどめましょう。

板チョコなどの「チョコレート菓子」を楽しむのは3歳以降が目安です。
子どもの味覚は3歳までに土台が作られますが、赤ちゃんから味の濃いものを食べる習慣があると、薄味の食事を嫌がったり、大人になっても濃い味を好みやすくなると言われています。

甘くて味の濃いチョコレートは、乳児期にはできるだけ控えましょう。

チョコレートに含まれる栄養成分

チョコレートの主成分は糖質・脂質ですが、実は、それ以外に健康に役立つ栄養成分も含まれています。
代表的なのは「カカオポリフェノール」です。
チョコレートの原料であるカカオ豆に含まれ、抗酸化作用の他、悪玉コレステロールの低下やアレルギー症状の緩和、ストレス解消になることも認められています。(※1)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >